木質バイオマスの経済的な供給ポテンシャル推計システム




 

本システムでは、シミュレーションによって、各地の実態に合わせた木質バイオマスの供給コストを推計することができます。その結果と、2006年時点の各地域の木質バイオマス発生量の推計結果とを用いて、ある供給コスト以下で収集できる木質バイオマスの経済的な供給可能量を市町村ごとに推計することができます。

★木質バイオマスには、建築廃材、剪定枝、製材工場等の工場残材、林業活動にともなって発生する林地残材などがありますが、本システムでは、工場残材と、林地残材を推計対象としています。

★2006年時点での木質バイオマスの発生量に基づいて供給可能量を推計していますので、その後の木材生産量の増加や減少の影響は考慮していません。

※※注意※※
*入力画面上で、4けた以上の数字にはコンマが入っておりますが、数値を変更される場合には、コンマを取り除いてご入力ください。そうでないと、エラー画面がでます。


ご利用の前に、「開始」ボタンの下にある「利用マニュアル」をクリックして、本システムの利用マニュアル(use.pdf)をよくお読み下さい。
 
 利用マニュアル
○○ ○○ 
 (本推計システムは、独)産業技術総合研究所の委託研究プロジェクト「中小規模雑植生バイオマスエタノール製造における原料供給・利活用モデルに関する研究」の成果の一部です。)